読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとだけスマートに生きたいの

現場を与えてくれたらイキイキするタイプの社会人

10Ks!2公演目でKAT-TUNに落ちた話

衝動的に書いた前回のブログ

初めてKAT-TUNのコンサートに行ってみた - ちょっとだけスマートに生きたいの

の翌日、わたしは東京ドームにいました。
チケットないのに。
またお邪魔するスパン早すぎるだろ。

着いてまもなくしてから奇跡的にTwitterにてお声をかけていただきお譲りいただいたおかげで、充電前ラストのKAT-TUNを見届けることができました。


どちゃくそ新規のわたしですが、「最後の出航だー!!」でまず泣いた。こんなにかっこいいのに最後なんかい。嘘でしょ。無理。
  
ポップアップの登場あんなに吹っ飛ぶんだね?黒金衣装と伴って綺麗だなぁ…と思ったり、トライク登場の「迎えにきたよ(ぜ?)♡」って言われて卒倒しかけたり、そのあと嬉しそうにニヤって笑ってピストル発砲するのを見られたり、トロッコで自分のうちわに嬉しそうにファンサしててこんなファンサする人なんだ?ってびっくりさせられたりしました。

MOONはきっと亀梨くんが多めに映像に残ると思いしっかり見たよ。
 
 
ちなみにここまで全部上田くんの話だけどな。
心臓破り(の坂)出ですけど。
 
In Factのときかっこよくて心の中で騒ぎ散らかした中丸くん。

 

これは映像にしてね!お願いします偉い人!


最後のあいさつからトリプルアンコでみんながステージからいなくなるまで、笑ったり泣いたり忙しかった。
ここはもう詳しくは書かないし書けない。

あいさつはちゃんと見ようって我慢できたのに、アンコールで出てきた時上田くんが「笑えー!!」って泣きながら言うから泣いた。「頑張ってるぞー!天の声ー!」って言ったのにも泣いた。

KAT-TUNは2日前に見たときよりもずっとかっこよかった。MCとか、あいさつでふっと垣間見えるKAT-TUNとハイフンさんの近い感じの関係と強い絆が素敵でした。10年間だもんね。すごいよね。

悲しくて寂しくてぐずぐず泣きながら帰るはめになるかと思ったら、そんなこともなく、すっきりした顔の方が多かった気がする。わたしも。
最後画面に「Are you ready?」って出るのずるいよね。そんなん待つしかないよね。


わりと現場に対しては自担Gに情熱を注ぐタイプなのですが、「1人コンサート参戦」「チケットが手元にないのにとりあえず会場に向かう」というジャニオタレベルが高い行動(わたし調べ)を初めて起こさせたKAT-TUN様、さすがです。
 
基本コンサートの座席の場所はどこでもいい派なのに「もう一回3塁側で見たい」と思わせた上田竜也様、さすがです。*1
結果これが言いたいみたいなところある。


kirimiちゃんやら照史くんのアイコンで「(できたら3塁側の)チケットを譲ってください」と激しく図々しいツイートをRTしてくれたフォロワーさんとご協力いただいた方々と譲ってくれた方、ありがとうございました。


そして何が言いたいかって、Twitterでのご新規さんウェルカム体制が出来上がってるハイフンさん、器がでかい*2!好きです!
素敵な心意気に新規がお邪魔してもいいのかなぁと思いブログを書きました。
 

カウコンと9uarterも見た。
9uarterのRAYのかっこよさにはひれ伏したけど*3、わたしはやっぱり10KS!が好き。人数の好みや最後だから好きとかじゃなくて、「最新作が最高傑作」だと思うから、今のKAT-TUNが好き。
 
帰ってきたときにもっともっと素敵なんだろうなと期待して、新鮮な気持ちで10年間を追っかけて待とうと思います。

ハイフンさん、お邪魔します。

*1:上田くんは3塁側にたくさん来る

*2:様々な沼タグで軽率にこじらせました

*3:すでに20回くらい見た