読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっとだけスマートに生きたいの

現場を与えてくれたらイキイキするタイプの社会人

仲田拡輝くんについて

Travis Japanの仲田拡輝くんが退所をしたらしい。

少年倶楽部の収録にいなかった。雑誌にいなかった。クリエの名前になかった。公式写真が消えた。情報局から画像と名前が消えた。
それだけの事実があるけど、はっきりと明言されていないから未だに「らしい」という言葉を使わざるを得ないのが寂しい。

 

わたしは他担でありながら仲田拡輝のことが大好きでした。

メディアの露出が増えたのは本当に最近だけど、いつ見ても不安になるようなことは一度もなくて、過去のどの映像作品を見ても常にステージの上で100%でいる人だった。
テレビでは自分が映る時もつねに後ろを向いて他のメンバーが映ってるかを気にする人だった。そこが好きだった。

他担だし、他に好きなジュニアもいるから「彼のために」行く現場は正直なかったと思う。
でも、彼を見て楽しかったと思える現場はあった。

サマステでは近くに来てくれた時に嬉しそうに手を振ってくれていたこと。
ABC座では自分が喋っていなくても、照明が当たっていなくても常に役に入って演技をしていて、たまにアドリブも入れて楽しませてくれたこと。(もはや入ってなくてもアレンジ効かせすぎてレポだけで毎回見るたび笑わせてもらったこと。)
ジャニワではどの場所にいてもニコニコ笑ってて、たくさんの人に絡まれて嬉しそうにしていたこと。 


プレゾンはいつか行きたいと思っていながら幕を降ろしてしまった。
まだ拡輝のことが気になるくらいのときに上演されていた「アンダースタディ」には行きそびれてしまった。
コンサートのバックで踊る拡輝には会えなかった。
Jr祭りで持つと決めた拡輝の団扇は持てなくなってしまった。

不安にさせることは一度もなく、着々と証拠だけ残して、もしかしたらって心の準備だけさせておいて、本当に消えてしまった。

 

なにか本当にやりたいことや大事なものを見つけたとしたらそれを応援したいという気持ちはあるけど、もしかしたら私は「ジャニーズJr. Travis Japanの仲田拡輝」が好きだったのかもしれない。それは違う形での仲田拡輝に会えたときにしかわからない。

とにかく、わたしが好きだった仲田拡輝は最後まで、常に素敵なダンスをして、毎度毎度かっこいいを更新してくれて、いつ見ても楽しくて、ワクワクさせてくれる存在だった。これだけで充分なのかなと思う。

 

あなたのファンですよって伝えることはできなかったけど、あなたが思うよりたくさんの人が幸せになれたと思うよ。ということだけは何かしらの形で伝わりますように。

そして彼の選んだ道が素晴らしいもので、ジャニーズで過ごした年月が、彼にとって糧となっていますように。

 

最後の雑誌になったであろう平凡BRUTUSを見ながら思った、デビュー担の戯言でした。